12月 122012
 

(ヤフーニュースから抜粋)
13日にトヨタ・クラブW杯準決勝モンテレイ(メキシコ)と対戦する
チェルシーのFWフェルナンド・トーレス(28)が、『キャプテン翼』への思い入れを語った。

高橋陽一氏(52)が81年から週刊少年ジャンプ(集英社)で連載を始めた人気サッカー漫画は
アニメ化で世界中で人気が爆発。
トーレスも「オリベルとベンジ」として放送されたスペイン版で
ストライカーのオリベル(大空翼)とGKのベンジ(若林源三)を軸にした物語に魅了された。
「自分がサッカーを始めたのはこれがあったから。日本との最初の接点だった」
サッカーを始めたきっかけが少年時代に見た日本のアニメだったとし、
サッカー選手を夢見る子供には観賞を勧めるほどだ。

「物語はユースから始まって代表に入り、バルセロナやバイエルン・ミュンヘンに入団する。まさに夢さ」とトーレス。
高橋陽一氏は「自分の描いたものがサッカーの本場でも認められていたことは素直にうれしいです」とコメントし、
「トーレスはアトレチコ・マドリードのころから注目していた選手。
昔からスペインのサッカーが好きでW杯や欧州選手権でも彼を応援していました。
決勝は観戦に行く予定なので、ゴールを決めてくれればいいですね」と“世界一ゴール”に期待した。

11月 092012
 

『ガラスの仮面』は世界でも人気のある少女漫画である。
アニメやドラマにもなって観た人も多いと思う。
僕も読んだことがある。
確かに面白い。
でも違和感は隠せない。

そもそも「演技というものは競争するものではない」と思う。

“個性”を競い合ってどうするの!?

マヤ(主人公)、亜弓(そのライバル)どちらが紅天女の役を演じてもいい。
それぞれがそれぞれの持ち味で役をこなせばいい。

確かに演技に上手い下手はありますよ。

だが『すべての人間がこの世界という舞台のヒーロー・ヒロインなのだ』から、
そのままでいいのです。

生き方に上手い下手はない。
すべてが大いなる“学び”なのだから、
あなたはあなたという役柄を演じていればいい。
そのまんまでいい。
取り繕って生きていたら肩が凝るよ。
もっとのびのびとね。

11月 092012
 

元ミドル級チャンピオンの竹原慎二さんが原案で、
落合裕介さん(知らない)が作画を担当している。
全8巻です。物足りない分量でした。

竹原さんは時々テレビにも出ていますね。
イタリアンレストラン「カンピオーネ」の経営や、
元S・フェザー級チャンピオン畑山隆則さんとの共同経営ボクシングジムや、
サウナスーツ、ダイエットシューズの企画販売で商才もある方です。
ネットでのお悩み相談 「竹原慎二のボコボコ相談室」 も好評です。
(一度のぞいて読んでみてね)

この漫画の内容なのですが、
家庭内暴力で心に傷を持った一人の孤独な青年“藤原陸”が、
ボクシングに目覚めて成長していく物語です。
それがまた現実離れしていなくて、
ボクシング界のシステムや、ボクシングテクニックの解説が、
素人でも分かりやすく、実際的なものとなっている。
これからボクシングを始める人には【入門書】としても価値がありますよ。
ただ惜しむらくは、主人公のリクが全日本新人王1位になるところで終わってしまうことです。
それからどうなっていくのかは、読者の皆さんの想像に任せるということなのでしょうか?
(『はじめの一歩』【講談社】の長さを見習いましょう)
でももしかすると続編ができるかもしれませんね。
それを期待して待つしかありません。

中ではボクシングの歴史にも触れています。(2巻目)
「リング」の語源は2人の男が腕比べをしようとしたのを、
見物客がロープを持って「輪」になって取り囲んだことが由来しているそう。
ボクシングの「BOX」は握った拳が「箱」に似ていることから来ているらしい。
(「へぇ~」初めて知った)

竹原さんのセリフではないのですけど僕なりに
「暴走族で悪ぶっている奴らよ」
「みんなお前が怖いんじゃないぞ」
「バックがいるから怖がっているのであって、お前1人じゃ何もできんじゃろ!?」
「若いエネルギーをどこにぶつけていいのか分からんようなら、格闘技やれや」
「外野でグタグタ言ってねえで、内に入って勝負してみろや!?」
「ボクシングはいいぞ、それで世界獲ってみろ!!」
「周りの態度も180度変わる」
「まあ、根性なしには何を言ってもアカンじゃろが」
「時間の無駄になるからな、これで終わる」
「じゃあの」
(このマンガ読んでみてね)

↓映画もあるみたいですね。僕は観ていません。今度借りて観ます。